2015年12月31日木曜日

キッチンの初挑戦

大晦日 妻は「おせち料理」作りで忙しい きょうび真面目に作る家庭は少ないと思うのですが 毎年食べた事もない「おせち」の一品を増やし作ってる 本人曰く 料理マラソンとかで 大変だけど面白いとか 頑張っています。

そして私も、初めてのパン作りにトライ 結果から言えば 大成功。

美味しいと評判の粉を使い、美味しいと評判のレシピ、パンの先生のビデオで作り方の学び まずくなる理由もないのですが、自信なんて全くなし 特に「コネ」なんて初めてだし 見るのと実際の違いもあるしね。

計量していると妻が「バターも砂糖も入れないの?」と「私 入れないと作れないの?」 そこでレシピにはない砂糖を少量加えて発酵促進材に。
コネて居ると 子供は興味津々、妻は不安顔 何も一人で作る必要もない 当然、手伝わせましたよ。

後はノンビリ待つだけ 発酵後の整形、焼きは妻任せにして 私はその間 他の用事を。
 
焼きあがって味見 かなり美味しいパンが出来がった 子供にも大好評。
粉もレシピも違うので比較できないが ブレッドメーカーのパンとは大違い 毎日でも食べたいと思える出来に満足。
外はカリッと中はしっとり 絶品に。


次は 夕方から「ソバ打ち」も。
これは 過去何回かトライしているが、難しく お世辞にも美味しいとは言えないレベル。
今年こそと思いつつ 100%ソバ粉で麺切りしてみたが粉砕状態でソバになってない のでやり直し 小麦粉を1割足して完成。
味は悪くないが、しっかり茹で上げたハズなのに、まだ固い 細い麺なんて簡単に切れるはずもなく 太いのが原因かなと思う。

こんな大晦日のキッチン騒ぎでした。

シンプルで野太い麺! 
 

2015年12月30日水曜日

風車 下見

月末年末 昨日は 単純な仕事が一杯 お昼からずーと同じ作業の繰り返し 数分で終わる仕事だが、4時間も続けると嫌気がしてくる。
パソコン作業で体が固まるような、工場に居ても殆ど動かないので体が固まってしまって 首から肩周りがコリコリ こんな時は泳いて体のリフレッシュをしたいのですが、肩が痛くて泳げない(腱板断裂の可能性大) 何処かのタイミングで病院に行く必要があるのですが、自然治癒を待つか手術かになると思う 手術は仕事が出来なくなるので現段階では考えられない。

結果 病院に行かない理由なのですが…

さて今日は「ウインドファーム浜田」に行ってみようと思って その前に事務仕事や浜田教室の庭掃除をして居たら 遅くなってしまった バイクも積んであるのだが とりあえず車で下見。

金城 「エスク和紙の館」の所から右へ 川上に向かってしばらく行くと農道(弥畝山)に行く道に。
少し登ると現場事務所だろうか、綺麗な建物が有ったり 風車の羽が置いてあったり、道が判らないので右へ行くと、下りなのですが 結構降る 結局 弥栄の「ふるさと体験村」まで下ってしまった。
ターンして元来た道を登るのですが、結構な登り坂 これは体調整えないと登り切れないかもしれない 途中13%の表示有り 事務所?まで戻って左の道へ こちらはそれ程きつくはない。
数k行くと農場跡地で行き止まり 結果を言えば 範囲は広い 10kぐらいありそう 発電機までは 農道とは別の道が有って 未舗装でバリケード有り 真下に行くことはロードでは無理 マウンテンなら行っても大丈夫だろう 「弥畝山」は登山禁止じゃないもんね。
ロケーションは 写真の所は開放的だが 山道、樹木の間から多少遠くが見える程度 葉が生い茂る夏は眺望は期待できないです。

金城側の農道入口 弥畝山へ
牧場跡地にゲート有り ここは進入で出来そうだったが
こちらの発電機側は 簡易舗装で農道とは別ルート
弥栄側の入り口

2015年12月28日月曜日

お得なのか? 2

ふるさと納税をしました。
初めてなので、計算上の限度額よりかなり低く 2つの市に寄付。

1件は全く縁がない「蜂蜜500g」でチョイス、そして今日届いたのは 浜田市から。

矛盾は感じていますが メリットは活かしたいので 「ふるさと納税」ありがたく利用させて頂きました。
損はしてないと思うが…
ジャムとミニ瓦

違う話 
会社のコピー機 製造10年目 メーカーの部品供給の停止の案内 業務用なので半年もたたずに使えなくなるだろう、入替えの案内。
今回もカラーコピー機、性能も良くなってるし 維持費も安くなるみたいで、迷ってる場合じゃないし 即決。
話の流れで もう一台 3年落ちの中古ながらカラーコピー機 無償で提供しますと 内示まで有った、

ここで この話は、お得なのか?と不安に。 
今までより安く使えるのは間違いないが もしかして世間の実態はもっと安いのかと思ったり勘ぐってしまう。

2015年12月27日日曜日

Craft 散弾銃の空薬莢編

拾った散弾銃の空薬莢 流用できそうな物では マジックのエンドかキャップ、消しゴムケース、ペンダントトップ、指輪ぐらいかなと どれも使えそうにないので キーホルダーに加工

まず カッターナイフでプラ部分を切り落とし 撃鉄が当たる場所に3ミリの穴を開けて 本体の加工は終わり。

先端部分は木製で ナイフで削り出そうと思ったが 木工ロクロが綺麗だし、この前からボール盤で出来るだろうと思っていたので ロクロ作業に初挑戦。

今回のロクロ作業 裏山で去年伐採し 焚き火様に保管していた太めの枝を かなり大きめだが適当に割って素材とした。

ボール盤への取り付けは スクラップのボルトに鉄板を溶接 その鉄板に穴を3箇所開けて 木ねじで固定して ボール盤に。

刃物 その辺に転がっていた 平鉄の角をグラインダーで直角に削っただけ しかも相当適当。

作業は最初 テーブルの一部に平鉄を当てて削りましたが 垂直なのでやりにくいのと刃の当て方も難しく 一旦中断。

後日 今度は ボール盤を横に寝かせ 枕木に刃を乗せて作業しました この時は 鉄筋を削り角を作った 本当に適当な刃物 やはり横向きが作業が楽 規定のサイズに削りだして 布ペーパー当てて表面を整え 更にペーパーの裏で艶出ししてロクロ作業は完了。

後は切断し 薬莢とエポキシボンドで合体させ 木ねじ(※加工品)をねじ込んで完了。
垂直作業は難しいです
空薬莢にサイズ合わせ

卓上ボール盤でも素材の固定さえ出来れば、十分な能力があります 
拳銃型に
レミントン社の散弾銃(空)
さて※「木ねじ加工」ですが キーリングが通るように頭を加熱してつぶし 焼戻しをしてから穴開け 鋼ですので そのまま潰す事も出来ませんし 穴も開けられません。

一般の方は この作業は難しいと思います 他に、ストラップの紐でも何でも方法は有ると思います。 

2015年12月25日金曜日

Craft

気が付くと 最近な〜んか作ってる。
ポスト、鍛鉄オブジェ、ナイフ、そしてイスの修理。

まだまだございまして、ポストのツマミとか そして今取り掛かってるのが 昨日も書きました包丁、そして今日からキーホルダー(にするつもり)です。

写真の説明 
ツマミ 透明樹脂で中にクリップを入れて文書のイメージで。 

包丁 鋼材の切出しまでアウトラインはこんな感じかな? 柄の部分は作りながら形状をきめるため適当 刃渡り18センチ

そして今日 昨日犬の散歩中 散弾銃の空薬莢が落ちていた 何かに使えるだろうと持って帰ったが、ナイフのヒルトにしようかと思ったが細いし…適当な用途もないさそうなので アクセサリーかと ネックレスのヘッドか指輪なら出来そうだが、私はアクセサリーは身につけないし妻も喜びそうにないし…。
おっそうだ キーホルダーならいいかもと加工する事に 金属部分に木材を差し込んで 砲弾の形にしてみようかと。
手で削りだそうかと思ったが この前から思ってた ボール盤で旋盤加工に挑戦

粗材からなんとなく丸くなった所まで 刃物は普通の平鉄で刃物にもなってないが荒削りだけ、モーターの使用率も確か30分だし夕暮れだしででタイムアップ 。


プラ製のノブ クリップ入り
包丁 素材の切出しまで。
ボール盤を木工旋盤替わりに
荒削りまで

2015年12月24日木曜日

次は包丁にトライします

今日はイブだと 私は全く興味がなく どうでもいい様な日ですが、妻と子供はミサに行くとか 信仰が有るわけじゃなく、子供にクリスマスの習慣と文化として教えたいとかで この日だけ教会に行く感じ。

さて仕事の合間に作ってた、ナイフ 

未完ですが形になった、素材は 鋼材はスクラップの電気カンナ(ハイス)柄はナラ 雑木として伐採した枝だったりする つまり何も買ってない。
これも私自身は ナイフに思い入れは殆ど無いが、金属加工としては かなり面白い 今回は成形、熱処理、研磨、柄と全て自分で作れたしね。
仕事の延長だけど、思ったり大変な作業 素人ではないが、初仕事なので勉強にもなりました。
後はヒルトとシース必要かな?無くても大丈夫だし もう少し考えてみます。

オール ハンドメイド
失敗したので刃が短い
こんな感じの大きさ
これ使う予定も無いが、有れば便利に使うだろうとは思う 多分、妻が喜んで使うだろう。
次は 本格的な和包丁にトライ 設備的に熱処理出来ないが 遊び半分で。

時々 見てるだけ

旧「島田屋」競売 4700マンから

300坪の敷地に4階建て 天皇も宿泊した旅館 悪くないと思う。

私には ご縁のない物件だが…この手の情報を見ています

2015年12月23日水曜日

A案

オリンピックの主会場 A案に決まったそうで。

その素材 木材を多用となると 大断面集成材しかない これを加工する機械 多分ですが ドイツ製になるのではと思います。

決まっちゃえば 国内メーカーがそれ用の機械作っちゃう可能性もありますが 私の知ってる範囲では ドイツ製となる訳です。
実は、この機械 売ってくれと商社から頼まれた事もありましたが 性能もですが お値段聞いて、こりゃ私じゃ扱えないと即答で断ったぐらい高価。

現在 国内でもそれなりの台数が売れてるみたいですが、海外では実績もあるし ほぼ決まりだろうと想像しています  
その実績はリンク先を参照 世界最大の木製タワー ドイツ、メルケル氏 ロシア、プーチン氏も見学したとか。

ゼネコン関係者様 もしご興味がございましたら 私に一言お声掛けください 他の商社から買うより安いかも? 私の方も紹介手数料が頂ける?ので(笑

風車を見に 3

先ほど 仕事のついでに 車で探索。

金城まで行ったついでにしては、距離がありましたが 186を広島方面に行き、右に大型車が通れる、それなりの脇道を探しながら。 
1本目 入ったら道が狭くなってた、二本目 いい感じでしたが しばらく進むと ここは大型トレーラーには難しそうな道幅に かなりの田舎だし もう今日は辞めようと Uターンする場所を探してたら 入口らしき所を発見、工事は今年中に終わるみたいだし、林道で侵入禁止とも書いてない。

だが 懸念の雪 道路脇に積雪が残ってる 進入路は厳しい谷だし 一度雪ドカッと降れば 春まで行けないだろう。

益田で雪がチラチラ程度で、弥栄だと積雪10センチぐらいになる所 更に山間部なので厳しいかなと。 
看板の「弥畝山」調べてみました 標高1000m近くあるじゃない 無理かも。

正月休み、穏やかな天気なら行ってみます 暇が有ればの話ですけど。

ここからか?

2015年12月21日月曜日

風車を見に 2

江津の風車を至近距離から見た訳ですが、次も?

何故「?」なのか まずは お天気 積雪の心配と 道路 侵入出来るのか? 
この二点

場所は浜田市 浜田なんて 1基でしょと思うでしょ 所が、大きな風車群が存在するのです

このまえ弥栄に行った時に遠くに風車が見えた、地元の人に聞くと「金城」だろと答え、方向から地図を見れば弥栄 本当に有るのか?と クグッていると 見っけ

SBグループの(ソフトバンク)風力発電 「ウインドファーム浜田」29基だと HP上の情報では出来上がってる時期なんだけど。

金城から取り付け道路が有りそうな感じなので 年末あたり暇があったら 行ってみます。

2015年12月20日日曜日

風車を見に

今日は 浜田から江津の風力発電機群?まで。

なんとなく道は判ってるが通った事ないのが、そんなに遠くないだろうと適当に走りました。
敬川から高速入り口方面に入りましたが、行けそうな道はない 結局 風車のある山を、ぐるりと回って有福温泉近くまで。

農道入口から侵入 高くも遠くもないと思っていたが 意外と高く遠かったが足が終わるほどでもない、峠から専用道が左右に 右に行くと 山林が伐採してあって見晴らしはいいが 風車が並んで見えるようなポイントがない 都野津、敬川方面がよく見えるぐらい この景色は今だけだろう あと10年もすれば木が育って見通しは消えるとおもう。

次はターンして農道の反対側へ こちらは見通しは少し悪いが江津市内が一望できる、この専用道 小さな坂ばかりで 時々風車が見えなくなる 家局 全ての風車を見えるポイントは無かったが 行ける事は確認 道は良いです。

元に戻って 農道から都野津、浜田へ 都野津から農道へ行ったほうが近かったけど サイクリングですから足の向くまま気の向くまま 風車に辿りつけなくてもそれでも吉 みたいな感覚でしたから。

今日はたった50k程 だが疲れた、バイクもうチョット乗らないとまずい事になりそう。

高速入口を過ぎて 付近に民家もない所に落書き。
9基あるそうです
風車が並んでるのが見えると思ったが そうでもない

2015年12月19日土曜日

予定なんて予定でしかない。

今日は 調子の狂う一日で

娘とイベントに参加予定でしたが、娘が朝寝坊し 遅れ気味で急かしていると 行かないと泣き始めた。
じゃぁ 行かない事に決めて、のんびりするつもりだったのに、それも出来なくなった。

めったに仕事しない御客様Aから呼び出し 矛盾した要望もセットで。 
A普段から気まぐれで短気 以前は上得意様だったので我慢していたが 今では「グダグダ言うなら辞めちまぇ」と願っているのですが そうも言えず、嫌々ながら仕事に取り掛かる。

一段落して 壊れたベンチシートの修理 木組みが緩みガタガタしてのですが、ついに崩壊 形は残ってるので新たに作るより修理した方が簡単。 
ホームセンターで丸棒とドリル買ってきて ダボにして打込みしてたら 違う御客様から呼び出し こちらも土曜日に呼び出しとは珍しい、素直に行く事にしましたが ベンチシートの修理も中途半端なので終わらせてから。

6年前か?自分で作ったベンチシート 崩壊
18ミリの丸棒をダボにして修理
その後 夕方まで普通に仕事になってしまった、今日やろうと思ってた事 半分も出来てない ストレス溜まる土曜日でした。


2015年12月16日水曜日

物作りの面白さ

今日二本目のUPは 仕事?のネタ

鍛鉄のオブジェを作り 鍛造にも興味が出てきたので ナイフ作りでもしてみようかとトライ中。

ナイフに思い入れはないが 「作る喜び」と「研磨の面白さ」は堪能できる。
今日は鍛造と思って取り掛かったが、やっぱり設備だよね ガスバーナーじゃ無理が有る、加熱の難しさで挫折して 適当に形にして柄の部分を他の金属と溶接し 歪の修正してたら ポッキンと折れてしまった。

手抜きはダメねと納得 折れないように熱処理したつもりだったのですが適当すぎたみたい 小さくなるけどもう一回同じ事を繰り返して 無事 焼入れ、焼戻しまで終わった。

今日のはフラットのハイス鋼ですが 今後 鍛接済みのハイス鋼材で1本 炭素工具鋼(角ヤスリ)から1本と 計3本作るつもり 素材が変われば技法が変わる 失敗して当然なので お気楽だし 難しい事は多々有れど、トライ出来る環境に有るのは恵まれてるね。 
どうなるかは作業してみないと判らないが 一ヶ月以上は楽しめそう。

 

お得なのか?

年の瀬も近づきました。

今年中に 実行しようと思ってた「ふるさと納税」を今日しました。
本当は 地元「益田」にしたいのですが 当然 自分に直接のメリット無し、兵庫県のある市と浜田市に同額 これで来年の税額が減る事になる。

この制度 なんか矛盾があるような気がして 地元に普通に納税すれば 何かの形で還元はされてるのでしょうが、感じにくいのも事実。

これが「ふるさと納税」になると 用途も選択できるし お礼の品も頂ける(コレが最大のメリットなのですが…) そして 集まる所には集まる図式も出来るわけで 逆言えば税が足りない所も出てくる訳だし(確か世田谷区?だったかな)。

制度に疑問 地元にも貢献はしたいしと 少し複雑な気持ちで寄付を済ませました 


2015年12月14日月曜日

地域のイベントに成ったんだろうね

知らんかった話。
昨年 地元商店街のイベント立ちあげに携わり その一環で「地図」を製作。
 
かなりの予算を組んで作ったのは知っているし、こんな感じで仕上がるよまでは聞きましたが、その中身は全く知らなかった。
出来上がった地図も 私の中では終わった事、サラッと見ただけ。

 昨日片付けてて その地図が出てきて ふ〜ん と中を見てみると ウチの行事が商店街のイベントとしてサラリと記載されているじゃない えっいつの間にって感じで驚いた。

昨年ぐらいから 商店街が積極的に関与してしてきてるので もはや我が社のイベントというより 商店街のイベントと言っても間違ってない。
今頃になりましたが 思わぬアピールに 感謝です。
商店街の3つ行事の一つに成ってる

 

2015年12月12日土曜日

出来ると思い込む

仕事ネタ

久しぶりに、難しそうな仕事 実際は機械の調整が難しいだけで、研磨そのものは簡単。 
誰にでも出来ない作業なので、こんなのが毎日 沢山有れば、ビルが立つのですが 年に数個だとね…

スパイラルビットの研磨
誰にでも出来ないで、別話
この前から 「鍛接」と呼ばれる溶接にトライ 10センチ程の物ですが 3回トライして3回とも失敗 加工温度が1000度以上とかで そこまで加熱出来ないのが原因とは判ってる、無理を承知で挑戦してみたが。

今はガス切断機で加熱して部分的には1100度を維持出来るが、全体だと800度程度が限界 もたもたしてるうちに酸化膜が出来てしまい失敗するパターン お遊びなので「炉」を用意する気もなく今回は鍛接を中断。

今 ナイフと包丁を作ってみようかと段取り、炉が無いだけで 素材や道具は最低限は持っているし、作る知識もある 日本刀スタイルの鋼と鉄で作るつもりだったが無理なので 全鋼で作るしかないかと 年内には形になると良いなと思ってる。

あんたなら 作れるだろうと思うでしょ 私の専門外 このような鍛冶屋仕事なんて 全く経験ない。

スパイラルビットもそうですが(研磨方法は誰も教えてくれない、出来る業者も殆ど居ない) やる気になって取り組めば そのうち出来るようになるはずと思っています

2015年12月8日火曜日

サンタは…

暮と呼ぶには少し早いが、12月だし 忙しくなるだろうと思っている。

毎年 クリスマスのプレゼントを考えるのは少し憂鬱 

今年は 上の娘の分は早々に決めて用意した、妻への分は今日なんとか手配、今年は自分にも用意した。

中古の研磨機買いました(業務用ではない) 
私個人で工作機械を持っているのですが、各種有る 鉄工関係では小型旋盤、普通の溶接機、ボール盤 大小2台 他にも木工用とかetc.. 今回は「縦型水研磨」。
(会社で買っても構わないのですが 業務に直接関係ない分野は個人で買っている) 
今日 届いて作動チェック 手で回しただけで 砥石が数センチ単位でゆれているのが判る。 
素人が使ってたんだろうから仕方ないかな? ユレを手作業で修正 半端ない粉塵が出るので巨大集じん機で処理しながら1ミリ以下にまで修正 。

次に錆びたボルトを交換したり 基本的なメンテを少し 今日はここまで。

話を戻して、下の娘の分は何にしようかと 今の所アイデア無し。

2015年12月7日月曜日

連敗で凹む

今年最後のレース、萩マラソンに行きました。

今年こそ、記録更新と願っていたが 終わってみれば、過去最低のタイム

それなりの結果が出せると期待したのですが 結果、言い訳する理由もなし 努力が足りなかったと言うことに尽きる、加齢とは残酷で トレーニングの質的には、今までより負荷を掛けてたつもりでしたが、過去と同じ練習量では足りない事はハッキリした。

来春はフルマラソンと思っていたが、とてもじゃないけど完走さえ怪しいタイム。
今回のショックに、競技はもう辞めようかと思ったり 生活スタイルを変えレースの為に取組むか 年内ボケっとしながら考えてみます。


2015年12月4日金曜日

無理かも

郵便受け、がほぼ完成したので、仮に付けてみたが…

基本的な作りが素人作そのもの 恥ずかしい 使うの止めようかと。

説明すると、ほぼ廃品で作っています 掛かったコストはドアキャチとヒンジだけ 
鍛鉄もスクラップから、ペイントも余って使い道が無かったので ローコストでは有るが。

今後、郵便受けに見えるように、表示するので 多少のアラは薄くなるとは思うが…
トカゲは好みがあるので 評価なし。
納得出来ない

2015年12月3日木曜日

鍛鉄 2

第二作 完成
前作よりは、簡単だったが 整形が難しい事に違いない。

今回はデザインが難しく 一歩間違えば「亀」じゃないかと思うような出来。
さて どうやって取り付けようか? そこまで考えてなかった。

「彫り」を深くしたかったが技量不足。

2015年11月30日月曜日

ノラ××求む

浜田店勤務のスタッフが辞める事になりました、本人が希望して来日し、彼女ならと浜田店を開いたのに…みないな感じですが、しかし ある程度は折り込み済みの案件。

ただ 一年は居るだろうと思っていたので多少のショックもあるが、次の人材探しを始める事に。

その関連で 職安に求人相談に行きました、そこには同級生が職を探しに来ている姿が。
同じ場所に居ながら 立ち位置が全く違う違和感と、この年で仕事探しも大変だろうにと同情するような気持ちも。

話を戻して 今回は日本人は採用しない 外人のみ お知り合いの方で「野良外人」が居ましたら一言お声掛けください。

ここでの「野良外人」=外国人は自由に国内に留まる事は基本的にできません ワーホリ、婚姻、永住資格以外は 飼い主が必要です(失礼な表現ですみません)。

2015年11月27日金曜日

鍛鉄

知り合いが、「鍛鉄」を定年後の仕事に それに触発され、私も挑戦してみました。
出来具合は全くダメ  初めてだし 限られた工具での作業 思ったより鉄を整形するのが難しいが「もの作り」の面白さは十分に感じられた。 

コレ 今作ってる郵便受けに付けようかと思ってる、玄関に置きます 多分?
何か判るよね?

ちなみに鍛鉄とは 鉄を熱して整形し作る 鍛冶屋さんに近い。 
デザイン性のあるフェンス等 半恒久的な実用エクステリア、インテリアに使う事が多いみたいです。

2015年11月25日水曜日

ため息

予定納税の話で税理士と面談。
すっごい痛い税額に、儲かってるのだから…なんて事は通用しない 現状「赤」だぞ〜今期 赤字決定だし。

まあ愚痴っても何も変らないので…違う話
税理士さん 半年ぶりにお会いしましたが、この前 眼底出血して片目殆ど見えないとかで治療中 その治療費がすっごい高くて参った(月間数十万円に)みたいな話でしたが。

その前に 出血の原因が問題 糖尿病+高血圧 ヤバイじゃん 大丈夫か?みたいな 本人は呑気と言うか重く受け止めてないようで おっさん自分に何が起こってるのか分かってるの?と聞きたくなるような治療費の話ばかり 
今すぐガッチリ体調を管理しなけば 次は失明で済むような話じゃない。

まっ考えて見れば 私も一緒 税金が痛い原因は判ってる 経営状態も十分に理解しているが、「予定納税」に注意が行ってしまう 重症化するまえに完治出来るかな?

2015年11月23日月曜日

星高山

浜田店にクリスマスの飾りを取り付けに行ったついで?に 違うな ついでに取り付けて。
その後 アクアスに車を止めて 江津市の星高山へ(星のマークの山)。
敬川から海岸線の裏道を通ってグリーンモールの所から山間部へ、初めてなので この道で合っているのか多少の不安もあるが 登ってみる。

登山道入り口まで、8%ぐらいの登り ダンシングするほどでもないシッテングではちょっと辛い微妙な感じ 長め坂 登山道からは少し楽に。
事前の調べでは、舗装してあるとか無いとか情報が少なく、行ける所までみたいな。

通行止めの道が有って ここから舗装の登山道みたいなので 後は自己責任で侵入しましたが、車が通らない道 落ち葉が結構有って スリップ気味で路面を注視しながらゼイゼイ息切らしながら登って NTTのアンテナ基地 ここが山頂か?と思ったがどうも違うようなので更に奥に 稜線を緩やかに登って次のアンテナの有る山頂に到着 しかし眺望は全くない 脇道に展望所100mと案内があったが山道で歩けないので 自転車ではここまでとした。 
一応 全線舗装してあったが、路面状況は良くなかったね。

写メでは映らなかった「星」(山腹に有るのですが)
さて下山 スリップが怖いので、路面を注視しながらゆっくりと。
登山道入り口
結局 往復で33kと思ったより距離がなかったのですが、達成感はそれなりにありました。

舗装はしてあるが…


残り100mから 江津市内の眺望
落ち葉…

稜線の反対側

バイクで行ける山頂ではあるが、アンテナ側に展望はない、歩いて行けばいい景色が見れる?


立像の柿本人麻呂像

最後の写真 登山口横にある神社 柿本人麻呂と由縁があるとか 益田では座像ですが こちらでは立像。  

2015年11月19日木曜日

自画自賛

仕事の話。

今朝 お得意様からクレーム、珍しい事ではなく 発生率は5%ぐらい クレームが発生しやすい商品(鋸)で日々精進するしか解決方法がない…まっ修理は簡単 それより切った現物を見せられて驚いた。

その性能の高さ 上手に使ってる感はあったのですが、ここまで出してるとか有り得んぐらい 通常の4倍ぐらい 調子がいい奴の1.5倍は出てる。

普通 ここまでの性能を出そうとすると機械本体を改良し鋸もフルチューンして出せるレベル(こうやって調整するのが仕事で研ぐのは、おまけ)が普通に出てる?

実は私が二十年前に開発した鋸で、通常より高い性能が有るのですが 今日見たのは想定を超えたレベルだった。
自分で作って、テストも多数済ませ 特性性能は把握しているつもり、最近は性能に興味がなくなってチェック(それよりクレームの低減が最優先)していなかったのですが、正直にびっくりした。

コレが有るから本社が存在するのですが、全ての商品が此のレベルで使って頂けたらと願っていますが…今、御客様が求めるのは 性能よりコスト、利益の確保が最優先課題 私の努力ではどうにも出来ない 頑張って事業続けましょうみたいな所にある。 

2015年11月17日火曜日

博物館級の仕事か?

今日は断れない御客様から特殊な仕事の依頼 てか 初めて。
氷用の「のこぎり」ですが目立ては普通に出来る。

しかし柄の交換も、氷を割るために差し込み口が大きく市販の柄に合うサイズがないので 角穴掘りから。

しかし角い穴なんて掘れんぞ 半分に割って掘るか?丸穴でボンドで固定するか?とか悩みましたが ふと昔 博物館で日本刀の鞘を掘るノミを見たのを思い出した。

じゃ作っちゃえって事で 15分足らずで 細長いノミを作って(さすがプロ!) 柄に細めの穴をドリルで開けて 後はゴシゴシと拡大 此の辺はど素人なので1時間半ぐらい掛かっちゃったけど なんとか出来上がり!!

工賃合わない仕事しちゃった。

全く別な話

浜田の地域mailで 女性に付きまとい事案が発生し 容疑者?が見つかったってmailが入りました。
大した事ではないので 普通なら厳重注意で済むと思うのでですが 容疑者?はえらい事になったのではと想像する。
6年前?のあの事件が解決してない状態で、このような事を行えば かなり時間掛けて調べられるのではと思うのですが… 

地域の安全に力を入れている地でもあるし、警察も小さな案件でも頑張って欲しいね。
細長いのがノミ 引いて使う

出来るのか?を形に 

2015年11月15日日曜日

オロチでした

今日は「さくらおろち湖マラソン大会」に初参加。

とその前に 前振りがありまして、石見空港マラソンで出雲に住む友達と再会、当然レースの話で 次は「さくら…」と言った所 びっくりした顔で「出る?マジ?」なんて事がありまして。

今朝 駐車場から会場の向かう所で再び再会 私は20k 友達は10k ニタニタ笑いながら「頑張って」みたいな。
参加人数が少なくスタート200mでふと後ろを見ると4人しか居ない ペースも早めで 最後尾だけは勘弁と思いながら マイペースでと思ったが マイペースが無い 坂ばっか 心臓と相談しながらトボトボ登って、カッカッと駆け下りる フラットなんて殆どない 下りの最大斜度11%! こんな坂走った事もない どえらい経験させて頂きました ちなみに 最大高低差148m 大会のキャッチフレーズは「過酷だからこそ走る価値がある」 これ会場に付いてから知りました、そして友達のニタニタの理由も あまりの苛酷さに20kはパスしたとか。 

結果なんとか無事完走したが 多分最後尾から5番目(自分としてはタイムは極端に悪くない) 看板に偽りなし 正に大蛇コースでしたね。

さて帰り 頑張った自分にご褒美も 温泉チケット頂いたので温泉で汗流して 出雲で昼食 「割子そば」二件はしご 次の目的地は大田市 地酒を買ってから帰宅。

20kパスした友達 10kで3位入賞(♀)

会場


注1 一軒目

二軒目

注2 お洒落な地酒

 
注3 微妙に色が違う

注1、 10数年前 年越しソバは出雲だった時期がある 何件もはしごして 満腹になっても食べ続けましたが 今日は走った後だし、あれから年も取ったし2件で満足。

注2 一宮酒造の地酒ですが発砲清酒「雪香」(YUKIKA)が、2013年国際 味覚審査機構(本部:ベルギー)において優秀味覚賞。「天使のKISS」清酒とは思えないデザインも素敵です(今後が楽しみな蔵元です)

注3 今日の参加賞はTシャツ(右)ライムグリーンのシャツ 他にも有るよなと帰ってから並べてみました 写真では分かりにくいですが微妙に色が違う 中は「萩マラソン」左は日米親善トライアスロン(岩国)他にも「石見ライド」もライムグリーンが有ったような?