貸方借方 

かなりの散財をしていますが、その代りに残る物 
請求書と領収書 
まだ事業として始まってないし ゆっくりでいいやと思っていましたが、面倒くさくなる前に帳簿付け

久々に複式簿記 やっぱり面倒くさい 最終的にはパソコンで仕上げますが 紙で残す必要があるので仕方ない。

3級簿記持っていますが、普段はスタッフが入力したデーターをチェックするだけで 自分では全くしていないので 一部忘れてる どっちが貸方だっけ?と最初迷ったり 適切な勘定科目が思いつかなかったりしています。
(業種が違うと科目も変わるので 普段使わない科目が思いつかない)

とりあえず一時間程 調べながら二ヶ月分の細かい記帳を済ませました 不動産等の扱いは処理の仕方が判らないので会社の決算のときにでも、ついでに税理士に相談

「貸方」「借方」「勘定科目」ですが、簿記の用語です ルールに沿って帳簿付け 複式簿記をするなら絶対に避けて通れない(青色申告の条件が複式簿記) 

0 件のコメント:

コメントを投稿

なんとか…2

LSGの部材入手に困ってます 取引先に専門業者 大量の部材持ってますが 譲ってと言えば 必ず「工事は誰が、どうするの?ウチにやらせて…」となるので言いにくい。 しょうがないから 大手ホームセンターにネット注文前提で問い合わせ中 ここでも売ってないのですが 無い商品は問い合わせ...